身土不二

こんにちは!

京都三条・アーユルヴェーダサロンShinSenです。

 

身土不二・・・人間の身体と土地は切り離せない関係にあるということ。その土地でその季節にとれたものを食べるのが健康に良い。(コトバンクより引用)

という考え方が、アーユルヴェーダにはあります。

 

その土地の、風・熱・水・土のエネルギーで力強く育った野菜や草なと、

採って、すぐに調理して、食べる。

 

とれたてのものは、まだまだエネルギーがみなぎっている。

せっかく命を戴くのだから、とれたてのオージャスたっぷりなお野菜たちを戴きたい。

 

どんなものでも、命を失ってからは、残念ながら…エネルギーが無くなっていく。酸化していっちゃう。

酸化したものを食べると、食べた人の酸化も進めてしまいます。

 

アーユルヴェーダでは、

採れたてのもの、調理したてのものを食べることを勧めています。

 

昨日は

正しく身土不二お食事でした。

ネギを抜き、よもぎを摘んで、カニは近くの漁港でとれたもの。

採れたてのよもぎの天ぷら、最高でした。

身体も心も満たされるって、こういう事なのですね。