産後ケアの役割

【産後ケアの役割】

産後ケア(ユーファイ)は、出産により身体に起こる様々な弊害、
(更年期障害、自律神経失調症等)を未然に防ぎ、健康を維持するためのケアです。

★出産時に大量に失われた血液によって冷えきったカラダを中からじっくりと温めます
産後にしっかりとカラダを温めることをしない場合、高齢になった時に
エストロゲンホルモンの欠乏により体温の調節を司る脳の機能に障害を及ぼしてしまうことが
あるそうです。

★産後の子宮の収縮を助けます
胎児の成長と共に大きくなった子宮は、産後約6週間から8週間かけてもとの状態に戻ろうとします。
産後ケアを行うことで、妊娠と出産で消耗した子宮を元気に、そして元に戻ろうとする働きを助けます。

★産後の骨盤が元へ戻るのを助けます
出産時にマックスに開く骨盤が元に戻ろうとする働きを助けます。
妊娠で大きく重たくなった子宮を支えるため、固まった筋肉をリラックスさせます。

★産後の悪露を出し切る働きを助けます
子宮内に残った血液を早く排出しないと、子宮内に停留して固まり、やがて体内を巡り体調不良の原因に
なると考えられています。それゆえに産後ケア(ユーファイ)は出産直後の適切なタイミングで行うこと
が大切になります。

★体重をもとに戻すのを助けます
上記にある様々なことを助けることから、体重が比較的戻りやすくなります。
出産は、最大のデトックスとも言われますが、本当に妊娠前よりも美しくなる!?なんてことも可能かもしれません。

産後7 日以降(帝王切開の場合は30 日以降)から60 日の間に、連続して施術を受けることで、
老廃物が再吸収されるのを防ぐことができて効果が高まり、その後の人生や更年期を
いいコンディションで乗り切ることができるといわれています。