週末のデトックスに❗️簡単ピチュ✨

こんにちは!
京都三条御幸町・アーユルヴェーダサロンShinSenです。

本日は、アーユルヴェーダのセルフケア”ピチュ”をご紹介します。

アーユルヴェーダの施術と言えば、薬草オイルでのトリートメント
薬草オイルが身体に浸透することで、身体の中に溜まった老廃物を排出するお手伝いをしてくれます。

ただ、ご自身で全身をオイルトリートメントをするのは手間がかかるなぁ…そんなアタナに❗️オイル湿布”ピチュ”をご紹介いたします🎶

ピチュとは温めた薬草オイルをコットンなどに浸し、必要な部位に貼るオイル湿布のことです。ピチュとは「浸す」という意味。オイルに浸した布やコットンを頭や額、その他体の一部に一定時間貼り付けることで老廃物の排出や体の巡りを良くします。また、代謝アップやリラックスにも期待できます。
アーユルヴェーダでは婦人科のケアとしても使われます。

やり方は簡単!
コットンにオイルを浸し、気になる部分にのせるだけ!

今回はピチュヘッドバージョンをご紹介いたします✨


【簡単ピチュヘッドバージョンの方法】
準備するもの…コットン2枚、薬草オイル30〜50㎖(ニーラオイル)湯煎
用のボウル大・小各1、80℃位のお湯カップ1杯、
ドライタオル1枚

・ボウル大にお湯入れ、その中にボウル小を浮かべます。
・上のボウル小にオイルを入れ湯煎。人肌くらいに温めます。
・コットン2枚をオイルの中へ投入!コットンにオイルをよく浸します。
・頭頂にコットン1枚をのせ、15分~20分ほどおくだけです。
・終ったらシャンプーで洗い流して完了。
*シャンプーの後は、冷えないように髪はしっかり乾かしましょう!
*オイルが顔に垂れてきたらタオルで拭き取りましょう。
*湯煎のお湯は冷めたら、熱いお湯にかえましょう。

温かいオイルを染み込ませることが大切です。頭の上のコットンが常に温かい状態になる様に、こまめに交換しましょう。

入浴時間を使って、半身浴や足浴をしならが行う
とよりリラックスでき、首から上の鎮静や質の
良い眠りへと繋がります🍀
行うベストな時間帯は16時~18時ですが、やりやすい時にお試しください。

頭頂へのピチュは、頭痛、肩こり、精神的緊張の対策など首から上の不調の解消に期待できます。
じんわりと頭皮にオイルが染み込んでくるのが感じられ、心地いい〜感覚をぜひ体感してください。


オイルは、”ニーラオイル”がオススメです🧴
オイルご希望の方はこちらからどうぞ↓
各種オイル!

こんな時だからこそセルフケア✨
ぜひお試しください😊